先輩からのメッセージ

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩からのメッセージ
  4. M.U
M.U
ハートフルコート 悠と里 介護員
取得資格:介護福祉士
M.U

利用者さん一人ひとりの個性を尊重して
近すぎず、遠すぎずの絶妙な距離感を保つ

サービス付き高齢者向け住宅併設の小規模多機能型居宅介護事業所で介護職をしています。以前勤務していた特別養護老人ホームは介護度の高い入所者さんが多く、コミュニケーションを取るのが難しい状態で、看取りをすることも少なくありませんでした。そこに至るまでの生活を知っておきたいと思ったこと、また、当事業所ではショートステイ(宿泊)だけではなく、デイサービス(通所)や訪問介護も経験できることから、介護職としてスキルアップをするために入社しました。

当社のホームページには、サービス付き高齢者向け住宅を「自分らしく暮らせる快適な住まい」と紹介しています。私自身が当初は、自宅以外で「自分らしく暮らす」ということに想像がつかなかったのですが、ここで働き始めてすぐ「なるほどな」と納得できました。一人ひとりの個性を尊重し「ケアをしてあげる」のではなくて「やらせてもらっている」という意識が全体に浸透していて、全てのスタッフが高いプロ意識で関わっています。近すぎず、遠すぎずの絶妙な距離感を保ちながら、主役はあくまでも利用者の方なので、「自分らしさ」が実現できるのです。

M.U

仕事の悩みをチームで共有できると
自分の時間が大切にできるようになった

例えば、ご高齢の利用者さんは身近にスタッフがいる環境にいると、自分で出来ることも「やってほしい」と頼ってしまうことがあります。この事業所はケアマネジャーや医務、管理者、介護スタッフでチームを造って一人ひとりの利用者さんに関わり、どこまでのケアをするかを明確にしています。利用者さんが今の状態で、出来ること、出来ないことの共通認識がきちんとされているので、私も入社後すぐに仕事に入ることができました。自分で推し量るのではなく、職場の誰に聞いても同じ答えが返ってくるのが本当にありがたかったです。

一方で、「認知症が進んだかな?」というような変化があった場合には早めに情報を共有することで、ご家族に伝えたりしながら「その人にとっていい方法」をみんなで考えることができます。このように、チームで仕事ができるので、一人で悩みを抱え込むことがなくなり、仕事が終わった後は気持ちを切り替えて、自分の趣味の時間を大切にできるようになりました。

当社に入社してから、私は実務者研修を受けて介護福祉士を取得しました。他にも様々な研修に行かせてもらえるので知識の幅が広がっています。これからケアマネジャーや社会福祉士などの資格取得にも挑戦したいと思っています。

M.U